血液検査やカウンセリングで、うつ病を診断する

例えば、だるい・呼吸が苦しいなどの症状があるのに検査を受けても異常がない場合、最終的に心療内科や精神科を受診する人も少なくないようです。もし、原因不明の症状が続いて、気分の落ち込み・不安などの心の症状も強い時は、血液検査も行う心療内科の受診がおすすめです。心療内科では、血液検査で、うつ診断を行ったり、うつ病と診断された患者さんに対して、ストレスをため込みやすい考え方などを改善させるための指導も行っています。

また、疲れるようなことをしていなくても疲れが続く場合は、強いストレスが原因で自律神経が乱れている可能性もあるので、十分な睡眠と休息もすすめています。無理に体調を整えようとしないで、自然な回復を目指す森田療法などの治療法もありますね。

薬の服用と認知行動療法を同時に行う

一人ひとり症状は異なりますが、ストレス等による心の疲れが原因で体に影響を及ぼすこともあります。例えば、不登校・出社拒否の場合、登校や出社をしたいと思っても体が思うように動かず、腹痛などの症状が現れ、休んで家でじっとしていれば治るというケースです。何だか調子が悪い状態が続くようなら、一度受診してみるのも良いと思います。まずは、治療の必要性を理解することから始めて、それから眠れない・頭が重いなどの症状を、カウンセリングなどの精神的なケアで取り除いたり、症状に合わせて抗不安薬、抗うつ薬などが処方されたりします。他にも、不安を減らすための行動療法や、思い込みを正して心を軽くする認知療法などの心理療法も行われたりしますよ。

岡山の心療内科は岡山駅の周辺に多くあります。複数のクリニックや医院があるので、症状や通院のしやすさを比べながら選ぶことが出来ます。

Menu